経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)

取引先が不測の事態に直面した場合に、中小企業者の連鎖倒産を防止し経営の安定をはかるための制度で、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。

特  色

掛金は税法上、損金(法人)もしくは必要経費(個人事業)に算入できます。
共済金の貸付は無担保・無保証人
もし、取引先が倒産した場合、掛金の積立金の10倍の範囲内(最高8,000万円)で被害相当額の貸付が受けられます。


加入資格

引き続き1年以上事業を行っている中小企業者


毎月の掛金

掛金月額は5千円〜20万円の範囲内(5千円単位)で自由に選択できます。
最高800万円まで積立てることができます


取引先の倒産とは

取引停止処分・破産手続き開始の申し立て等・私的整理・災害による不渡り・特定非常災害による支払い不能の場合


※詳細は、中小企業基盤整備機構のホームページをご覧下さい。
    http://www.smrj.go.jp/tkyosai/index.html