記帳について

◎正しい記帳で経営の合理化と節税を!

 帳簿のつけ方から決算、申告の相談までわかりやすくアドバイスします。
(毎日の記帳から決算、申告まで、税理士の協力を得て専門指導員として招き、一貫したきめの細かい相談指導を行っています。)
 記帳は経営の道しるべです。毎日正しく記帳することにより、

@青色申告ができる

A融資を受ける近道

B帳簿の数字に基づく計画経営を実施できる

C経営改善の近道

などのメリットがございます。是非記帳にチャレンジしてみませんか?

さらに!
平成26年1月から
青色・白色いずれであっても記帳が義務となりました!


 対象となるのは・・・
 事業所得、不動産所得または山林所得を生ずべき業務を行うすべての方(青色申告・白色申告いずれも)

 記帳する内容
 収入金額、仕入や経費に関する事項について取引の年月日、売上先・仕入先その他の相手の名称、金額、日々の売上、仕入、経費の金額等

 帳簿等の保存期間

   保存が必要なもの 保存期間 
帳簿  収入金額や必要経費を記載した帳簿(法定帳簿) 7年
業務に関して作成した上記以外の帳簿(任意帳簿) 5年
書類 決算に関して作成した棚卸表その他の書類 5年 
 業務に関して作成し、または受領した請求書、納品書、送り状、領収書などの書類

さらに
青色申告の方は、
現金出納帳、経費帳、売掛帳、買掛帳、固定資産台帳の5冊の帳簿が必要になります。(売掛帳や買掛帳は商取引には必要ですし、固定資産台帳は期末でよいので、毎日の記帳は、現金出納帳と経費帳です。)
なお、前々年の所得が300万円以下の方は「現金式簡易帳簿」のみの「現金主義による所得計算」もできます。(届出書の提出が必要)

ブルーリターンAについて

氷見青色申告会では「初心者にやさしい」会計ソフト「ブルーリターンA」を販売しています。このソフトは青色申告会が50年を超える指導実績をもとに、個人事業者に対し、見やすさ、使いやすさを追求したわかりやすい会計ソフトです。


 会計ソフトブルーリターン体験版ダウンロード