浅野翁のご縁で懇談

 2/6 於:商工会館 



商工会館での懇談会の様子


 京浜工業地帯の父と呼ばれる浅野翁が創業した神奈川県川崎市の日本鋳造㈱協力会が当所を訪れ、懇談会を開催した。
 寺下会頭が「氷見と川崎の絆は多面的な広がりを見せている。氷見は規模は小さいが可能性は無数にあるのであらゆる面で氷見に目を向けて頂きたい」と歓迎の挨拶の述べた。懇談会では、京田専務理事より氷見の概要と川崎との繋がりについて説明した後、工業や観光、地域交通などについても懇談した。
 一行はNPO法人九転十起の会 山崎理事長の案内で帰望郷館なども見学した。