新デザインポスターで
域内消費拡大の協力を要請
.;
4/24 於:氷見市役所



林市長(右から2人目)が見届ける中、協議会寺下会長(左から2人目)より、新ポスターを猶明自治振興委員連合会会長(右)へ手渡す



 氷見域内消費拡大推進協議会の寺下利宏会長(当所会頭)より、氷見市自治振興委員連合会猶明孝信会長へ、リニューアルした「買活ひみ6億円プロジェクト」のPRポスターを手渡し、市内での消費拡大に向けての取り組みの周知・推進を要請し、林正之氷見市長が見届けた。

50%を目標に
寺下会長は昨年のアンケート結果で市内での買い物をした割合が39%から44%へ上昇したことを紹介し、「プロジェクトの効果をさらに高め、経済の好循環を生むことで市民の豊かな生活の創造につなげたい」と、地域を挙げてのもうひと押しを要請した。

オール氷見での6プロ推進を
市民1人が氷見での消費を月に1,000円増やす事で年間6億円の経済効果が生まれ、氷見が豊かになる事を目的に進める「買活ひみ6億円プロジェクト」をさらに推進し、地域経済力の更なる向上に取り組みます。