国宝 高岡山 瑞龍寺

加賀前田家2代当主であり、高岡の開祖でもある前田利長公の菩提寺として知られる曹洞宗の名刹。3代当主前田利常によって建立され、造営には約20年もの歳月が費やされました。
総門、山門、仏殿、法堂の主要伽藍を一直線上に並べ、禅堂と大庫裡を左右対称に配置し、この周囲に回廊をめぐらして諸堂を結ぶ禅宗様式の典型的な伽藍配置は壮大。特に山門、仏殿、法堂は近世寺院建築の傑作として富山県内で唯一の国宝の指定を受けています。

住所 高岡市関本町35

アクセス

あいの風とやま鉄道高岡駅から徒歩10分 JR新高岡駅から徒歩15分
電話 0766-22-0179
営業時間 9:00~16:30(12月10日~1月31日は9:00~16:00)
定休日 無休
対応言語 -
カード 不可
免税サービス NO
地図