国定公園 雨晴海岸

天候に恵まれれば富山湾越しに3000メートル級の立山連峰(たてやまれんぽう)を望むことができます。
「義経岩(よしつねいわ)」は、源義経が奥州へ落ち延びる途中、にわか雨の晴れるのを待ったという岩で、地名「雨晴(あまはらし)」の由来となっています。
また、この景色は、松尾芭蕉が『おくのほそ道』に詠んだ由緒地であり、「おくのほそ道の風景地」として名勝に指定されています。

住所 高岡市太田

アクセス

JR氷見線 雨晴駅から徒歩5分
電話 0766-44-6200(雨晴観光協会)
営業時間
対応言語 -
カード 不可
免税サービス NO
地図