TOP交流 - 会員事業所紹介(夢ひらく)お食事処 うえの (2019年1・2月号) 飲食店

経営相談

共済制度

資金について

スキルアップ

交流

商工会議所の概要

交流

会員事業所紹介

お食事処 うえの (2019年1・2月号) 飲食店

osueno00.jpg     50年前から地元で愛されるお店      
   話題のジビエ料理復活でチャレンジを続ける
~    

 「お食事処うえの」さんは、代表の忠幸さんのお父様が開業されてから創業50年を超え、地元の食堂・地域の憩いの場として、季節折々の地元の食材など使った料理を提供されています。定食や丼、麺類、ご飯物、おつまみになる一品料理まで揃え、お客様に喜んでいただけるよう出来る限りお好みに応じてお料理を出しておられ、昔ながらのなつかしい味と田舎の人情に心が和むお店です。

 代表の上野さんは、学校卒業後10年以上東京近郊で働いておられましたが、今の場所に移転して店舗を新築されたのを機に、お店を継ぐため地元に戻られました。「席数が増えたので、家族連れで来られても、みんなが食べられる様にメニューを増やし、ランチも始めた。ボリュームたっぷりで種類も多く、出来るだけ安価で、なるべくお待たせしないよう心掛けている。特に鳥のからあげとロースかつは人気があり、是非一度、試していただきたい」との事です。

 2年前から新たなチャレンジとして、ジビエ料理のメニュー開発に取り組まれています。かつて「お食事処うえの」では、中山間地ならではの地元猟師が捕獲したウサギやカモを調理してお客に振る舞っていましたが、10年あまり前から提供はされなくなりました。近年「とやまジビエ」として、富山県でイノシシ料理が推奨されていることから、総合カレッジSEOの協力を得て、昨年は「イノシシうどん」「イノシシ丼」「イノシシ鍋」を、今年は、より広い層の方に親しんで貰いたいと、「イノシシカレー」や、イノシシ鍋に鉄分の豊富なシカ肉を加えた「イノシカ鍋」を考案し、試食会を開き、参加者の意見を参考に改善、12月7日より新メニューとして提供されています。

 イノシシは野山を駆けまわるため、その肉は低カロリーで、たんぱく質やビタミンが豊富です。海外では高級食材として扱われています。是非各種ジビエ料理をご賞味してみてください。

 営業時間 平日 昼 11:00~14:00
         夜 17:00~21:30
      土日祝日 11:00~21:30
 定休日  水曜日
  
事業所名お食事処 うえの代表者上野 忠幸
所在地〒939-1432  砺波市徳万3-1
TEL0763-37-0055FAX 
ホームページhttp://ueno-tonami.jp/ E-mail 

 

 

 

≪一覧へ戻る

TOP商工会議所の概要会員企業紹介観光案内となみ野万華鏡リンク集お問い合せサイトマップ個人情報保護方針

Copyright (C) Tonamishokokaigisho.all right reserved.Maintained online by tonami@ccis-toyama.or.jp