TOP共済制度 - 特定退職金共済

経営相談

共済制度

資金について

スキルアップ

交流

商工会議所の概要

共済制度

特定退職金共済

従業員の退職金準備にご活用いただけます。

・毎月、定額の掛金を支払うことで、将来支払う退職金を計画的に準備できます。
・退職金制度の確立は従業員の確保と定着化を図り、企業経営の発展に役立ちます。
・法律で定められた退職金支払いのための保全措置が講じられます。(賃金の支払いの確保等に関する法律 昭和51年法律第34号)
・従業員の退職金財源の確保にご活用いただけます。
・中小企業退職金共済制度との重複加入も認められます。ただし、他の特定退職金制度との重複加入は認められません。
・法人が従業員のために負担した掛金は、全額損金に算入できます。(法人税法施行令 第135条)
・個人事業主が従業員のために負担した掛金は、全額必要経費に算入できます。(所得税法施行令 第64条)
(詳細な内容へ)  

tokutaikin001.jpg

TOP商工会議所の概要会員企業紹介観光案内となみ野万華鏡リンク集お問い合せサイトマップ個人情報保護方針

Copyright (C) Tonamishokokaigisho.all right reserved.Maintained online by tonami@ccis-toyama.or.jp