TOPイベントレポートセミナー SNSの活用で売上をグッと伸ばす!

経営相談

共済制度

資金について

スキルアップ

交流

商工会議所の概要

イベントレポート

2018/12/16

セミナー SNSの活用で売上をグッと伸ばす!

 

smn20181212.jpg

12月12日(水)に「販売促進セミナー 売上を伸ばすための最新IT活用」を砺波商工会議所にて開催しました。

 

イーンスパイア㈱ 代表取締役 横田 秀珠 氏を講師に迎えました。横田氏は2017年にセミナー講演実績249件(47都道府県制覇)ある大人気の講師です。
 今回はYouTube、LINE、Instagram、Twitter、Facebook、Googleマップといった多数のソーシャルメディアについて今の若者の使用方法や最新機能を説明されました。

 FacebookとTwitterを世界と日本で比較すると世界的にはFacebookの方がTwitterより利用者が多いけれども、日本ではTwitterの方がFacebookよりも利用者が多い状況です。その状況の中でFacebookを使う意義を説明されました。現在、Facebookユーザーは経営者の登録が多いです。匿名ではなく実名を使用するため縁や付き合いや義理を大事にする人が多いと考えられます。そのような経営者の友達をいかに自分のファンに出来るかが大切だと話されました。横田氏が普段講義を行う学生には、就職活動時に経営者にFacebookを使用しているか確認することを勧めているそうです。Facebookを使用する経営者は義理や人情を重んじるため入社後も大切に一人の人間として向き合ってくれると考えてもよいと話されていました。

 TwitterやInstagramは現在検索エンジンとして使用され始めています。例えば「渋谷 ひま 遊び」をTwitterで検索します。飲食店のメニューは見ずにInstagramで「#○○カフェ #おすすめ」と検索して表示された画像を見て注文を決めます。そのためTwitterやInstagramを使用するならばこのような検索にヒットする投稿を行うと良いそうです。

 Googleマップはおすすめ機能やメッセージ機能が追加されどんどんSNS化しています。地図に企業名を表示したいならGoogleマイビジネスへの無料登録から始めても良いかもしれません。

 LINEはメッセージが届くたびに見るが5割程度です。これはメールのメッセージよりもはるかに高い割合で、しかも早く見られているということだそうです。LINE@やLINE公式アカウントからのメッセージはメルマガよりも確実に届きます。賞味期限当日、予約の空き状況、逸品、一品ものといった限定されるものをメッセージで伝えると効果的です。

 どんどん変化していくインターネットの使用方法に対応していく必要があると気づかされるセミナーでした。 

≪一覧へ戻る

TOP商工会議所の概要会員企業紹介観光案内となみ野万華鏡リンク集お問い合せサイトマップ個人情報保護方針

Copyright (C) Tonamishokokaigisho.all right reserved.Maintained online by tonami@ccis-toyama.or.jp