TOYAMAブランド  マーク とやま昆布〆


≪昆布〆が美味しい、ヘルシー!≫

食における「とやまブランド」の可能性を持つものの1つとして、「昆布〆」があります。

昆布〆は、元来は魚の保存方法の1つとして、昆布が手に入りやすかった富山(昆布ロード・中継地)で発達したものです。

近年では、単なる保存だけではなく、昆布の持つ美味しさ、栄養性などから、おもてなしの食材や贈答品としても再評価されています。

■昆布〆とは
江戸時代より富山に伝わる郷土料理です。新鮮な魚を刺し身におろし、昆布に並べてクルクル巻くという、いたって簡単なもので、特別な技法があったわけではないようです。 軽く重石をして、約一晩で食べ頃になります。昆布の旨味と塩味が加わるとともに、水分がとれて弾力性を増し美味しくなります。

■いろいろな昆布〆
昆布〆で定番なのは、「サス(黒カジキ)の昆布〆」です。もちもちとしたカジキに昆布の旨味がしみ、上品な後味の良い仕上がりになっています。昆布〆には、海の幸を使用した「タラ・ヒラメ・甘エビ・白エビ・鯛・バイ貝などの昆布〆」や 山菜・野菜を使用した「ぜんまい・すすだけ・アスパラなどの昆布〆」もあります。 さらには牛肉・鳥肉を使用した昆布〆もあり、なかなかの珍味です。あらゆる食材が昆布〆として生まれ変わり、より美味しく食べることができます。




▼富山商工会議所TOP  ▼価値創造プロジェクト