TOPイベントレポートとなみ産業フェア パワー博2022

経営相談

共済制度

資金について

スキルアップ

交流

商工会議所の概要

イベントレポート

2022/09/16

となみ産業フェア パワー博2022

pwr2022001.jpg pwr2022002.jpg pwr2022003.jpg


 
となみ産業フェアパワー博2022を9月3日(土)・4日(日)、砺波市文化会館と砺波チューリップ公園で開催致しました。1日目は午後から雨、2日目は快晴という何とも不安定な天候となりましたが、全国から多数の方にご来場頂きました。(実行委員会発表 初日:9,000人 2日目:19,000人 計28,000人)。ご協賛・ご出展して頂いた皆様には、心から感謝致します。また、雨の中、お暑い中、足を運んで頂いた来場者の方々にも心よりお礼申し上げます。

パワー博は、各企業の商品サービスPRや企業間の交流を主な目的に3年に一度のペースで実施しておりました。舞台イベントや飲食のブースなどもあり、子供からお年寄りまで幅広い年代の方に楽しんで頂いております。しかし、昨年は新型コロナウイルスの影響で延期となり、今回は4年ぶり7回目の開催となりました。「人をむすび未来を創造」をテーマに91の企業・団体様に出展して頂き、第6回能越道フェスティバルも同時開催致しました。

pwr2022004.jpg pwr2022005.jpg pwr2022006.jpg
 1日目(3日)は、特設スタジオを設けて北日本放送「高原兄の5時間耐久ラジオ」を生放送致しました。高原さんが各ブースを巡り、出展者らと物々交換(かいこと)をして、手にした品を来場者にプレゼントさせて頂きました。屋外ステージでは、友井賢太郎さんによるバンドライブや夏秋文彦さん・中田真由美さんのデュオが繰り広げられました。米原嘉孝大会長も飛び入りで参加し、息の合ったドラムで会場を盛り上げました。また、文化会館大ホールでは、富山県立大学の清水義彦准教授による講演会「SDGs初級から産学官連携に至るまで」を開催致しました。清水准教授は「『企業理念・社是』を縦糸、『社会のニーズ(SDGs)』を横糸として、双方を掛け合わせる事でイノベーションが生まれます」など、パワーポイントを用いて分かりやすく説明して下さいました。
pwr2022007.jpg pwr2022008.jpg pwr2022009.jpg
pwr2022011.jpg 
pwr2022012.jpg pwr2022019.jpg

 あいにくの雨となった1日目でしたが、一転して2日目(4日)は快晴となりました。屋外ステージでは、女性ヴォーカルグループgravaさんが甘美な歌声を響かせ、アレグリア舞踏団さんが情熱的な舞台を披露して下さいました。砺波市体育協会さんの設立70周年記念事業の一環として、文化会館大ホールでは、午後1時から元青山学院大学陸上部三代目山の神、神野大地さんによる講演会を開きました。神野さんは、同日午前に実施した陸上教室での出来事について「富山の子たちは、真面目で大人しいと感じました。他の場所で教室をすると必ず茶々を入れる子がいるのですが、一人もいませんでしたね」とその感想を話しておられました。

pwr2022013.jpg pwr2022016.jpg pwr2022017.jpg
 文化会館多目的ホール、チューリップ公園と屋内外に設置した各企業の出展ブースは、市内企業をはじめ、交流させて頂いている東海地区の企業の出展もあり、多くの来場者が興味深く、ブース担当者の説明を聞かれていました。 
 砺波商工会議所青年部は3,4日の両日、チューリップステージ前で「モータースポーツファンミーツ」を催しました。ドリフト車や高級スポーツカーなど17台をずらりと並べ、車好きの来場者らが楽しんでおられました。キッズカートや運転シミュレーターの体験、ミニ四駆組み立て教室など、子ども向けの企画も併せて展開しておりました。
pwr2022010.jpg pwr2022020.jpg pwr2022018.jpg
 今回、4年ぶりとなったフェアで砺波の産業パワーを広く発信できたものと思っております。フェアを無事終えられたのは、会員事業所をはじめとする多くの皆さまのご尽力のたまものです。改めましてお礼申し上げます。今後とも砺波市産業発展の為にご理解とご支援を賜りますようお願い致します。 

  

  

  

 

 

≪一覧へ戻る

TOP商工会議所の概要会員企業紹介観光案内となみ野万華鏡リンク集お問い合せサイトマップ個人情報保護方針

Copyright (C) Tonamishokokaigisho.all right reserved.Maintained online by tonami@ccis-toyama.or.jp