共済制度


 
●小規模企業共済制度 小規模企業の個人事業主または会社等の役員の方が廃業・退職された場合、その後の生活の安定あるいは事業の再建などのための資金を予め準備しておく共済制度で、いわば「事業主の退職金制度」といえるものです。
制度の特色 (1)掛金は税法上、全額を「小規模企業共済等掛金控除」として課税対象所得から控除できます。なお、1年以内の前納掛金も同様に控除できます。
(2)共済金は税法上、一括受取りについては退職所得、分割受取りについては公的年金等の雑所得として扱われます。
加入資格 ●常時使用する従業員が20人以下(商業・サービス業では5人以下)の個人事業主および会社の役員
●事業に従事する組合員が20人以下の企業組合の役員、常時使用する従業員が20人以下の協業組合の役員
●常時使用する従業員が20人以下であって、農業の経営を主として行っている農事組合法人の役員
●常時使用する従業員が5人以下の弁護士法人、税理士法人等の士業法人の社員
●小規模企業者たる個人事業主に属する共同経営者(個人事業主1人につき2人まで)
※共同経営者とは、事業主とともに経営に携わっている方で次の(1)(2)をともに満たす方となります。
(1)事業の経営において重要な意思決定をしている、または事業に必要な資金を負担している
(2)事業の執行に対する報酬を受けている
掛金 (1)毎月の掛金は1,000円〜70,000円(500円刻み)でご加入できるほか、加入後の掛金の増額も可能です。ただし、減額する場合は一定の要件が必要です。
(2)掛金は、口座振替で納付となります。



 
●PL保険制度 本制度加入者が製造または販売した製品などが原因で、人身および物損事故が発生し、加入期間中に損害賠償請求が提起され、法律上の損害賠償や訴訟費用などの損害を被った場合に保険金が支払われる制度です。
▼制度内容について、詳しくはこちらへ

お問い合わせ先/富山商工会議所 会員サービス課 tel 076-423-1112(直)



▼支援メニューへ / ▼TOP