伏木のおみやげ 勝興寺せんべい/手ぬぐい・伏木けんか山手ぬぐい 発売中!

国指定重要文化財 勝興寺(しょうこうじ)平成の大修理完成記念
歴史と文化が息づく港まち伏木の観光土産品ができました

伏木土産品 せんべい、手ぬぐい、タオルハンカチ すべて500円(税込)

勝興寺(しょうこうじ) せんべい (6枚入り) 500円(税込)
 
 

勝興寺本堂のオリジナル焼き型がついた玉子せんべい。

玉子風味が効いたふくよかな味がするため美味しいと発売以来、大人気!

大判(径は10㎝)だけあって食べ応えがあります。

個包装6枚入りで食べたいときにはいつもパリパリ。

焼き型の面が大きいので香ばしさが抜群

お手軽なお土産やお茶のおともにお買い求めください。

 

勝興寺せんべい

伏木土産 せんべい

勝興寺 手ぬぐい 500円(税込)
 
 

せんべいと同じ図柄である勝興寺本堂とかたかごの花をモチーフにした勝興寺手ぬぐい。

図柄の色は勝興寺のイメージカラーとなっている、大広間の襖絵(ふすまえ)で使われている上品な深緑色です。

サイズは87㎝×35㎝の手ぬぐい標準サイズ。

もともとのデザインは富山大学芸術文化学部の学生が製作し、高岡市水道局が採用したものを使っています。同じ図柄のカラーマンホールは勝興寺から北前船資料館へと続く勝興寺旧参道に設置されています。

 

勝興寺手ぬぐい

【デザイン】

伏木土産 勝興寺手ぬぐい

勝興寺 タオルハンカチ 500円(税込)

 

 

勝興寺タオルハンカチは「大広間の襖(ふすま)と壁紙の絵様」を用いています。大広間は当寺に現存する最古の建物で、元禄5年(1692)に建立されました。この大広間の襖や壁紙に描かれている菊と桐の絵様は、勝興寺独自の文様として親しまれています。

(タオルハンカチを製作した「近世高岡の文化遺産を愛する会」HPより)

サイズは25㎝角。

ハンカチは四国今治のブランドタオルとしてのタグ付きです。

ご友人、知人へのちょっとしたプレゼントにもご利用ください。

 

勝興寺タオルハンカチ

伏木土産 勝興寺ハンドタオル

伏木 けんか山手ぬぐい【波型・豆しぼり型】 各500円(税込)
 
 

伏木が誇る曳山、通称「けんか山」は昼は花山、夜は提灯山に姿を代えてまち中を練り回し、特に夜になると祭りのクライマックスとなる「かっちゃ」と呼ばれる曳山同士の勇壮なぶつかり合いが演じられます。
旧町内の山町が取り仕切る曳山の数は6基で平素は山倉に保管されていますが、かつて消失した十七軒町の曳山が2015年完全復元されています。(常時見学可)

けんか山手ぬぐいは港町伏木をイメージした波型と祭りに欠かせない豆しぼり型の2種類があり、ともに山車のてっぺんを飾る鉾留の図柄を配しています。

サイズは87㎝×35㎝の手ぬぐい標準サイズ。

2枚を組み合わせてのれんにも使えます。

伏木けんか山のホームページはこちら

 

けんか山手ぬぐい

【波型 / 豆しぼり型】

伏木のおみやげ 伏木けんか山手ぬぐい

伏木土産品 販売店舗一覧  
 
No   事業所名 取扱土産品 住所 電話
0766
ホームページ
勝興寺
せんべい
手ぬぐい
3種
勝興寺
ハンカチ
1   勝興寺【拝観受付】 伏木古国府17-1 44-0037 HP
2   道の駅雨晴(あまはらし) 太田24-74 53-5661 HP
3   伏木気象資料館   伏木古国府1−20 44-6965 HP
4   伏木北前船資料館   伏木古国府7-49 44-3999 HP
5   中田酒店   伏木古国府13-1 44-0638  
6   おみやげ処 やや家   伏木古国府12-2 44-8088  
7   モカ洋菓子店     伏木古国府7-14 44-0531  
8   高畑化粧品店   伏木中央町3-9 44-0149  
9   横越寝具店   伏木湊町9-22 44-0025  
10   ブティックトウカイ   伏木古国府3-3 44-0731  
11   道下洋品店   伏木古府1丁目1-18 44-0343  
12   雨晴温泉磯はなび     太⽥88-1 44-6161 HP

 

勝興寺(しょうこうじ)と伏木観光土産品  
 

国指定重要文化財の勝興寺は20年余にわたる、本堂をはじめとした建物は修理が終わります 。(見学できます) 令和3年3月に23年間にわたる平成の大改修が完了し、建築往時の見事な姿が再現されます。これを機に見学いただく多く方をお待ちしております。

 伏木地区では勝興寺に来訪いただいた方の記念となる手ごろなお土産品をご用意いたしました。観光客の方々はもちろん、地元の方がお出かけの際の気軽な手土産としてご利用ください。

勝興寺は浄土真宗中興の祖として崇敬される蓮如(れんにょ)上人が文明3年(1471年)に開山し、天正12年(1584年)に現在地の高岡市伏木古国府に移るとともに加賀藩前田家と関係を深め、布教の拠点としての役割を担ってきました。
加賀藩の支援を受け、寛政7年(1795年)に西本願寺の阿弥陀堂を手本に建立された本堂をはじめとして江戸時代中期から後期にかけて建てられ、うち12棟が国重要文化財の指定を受けています。
200~300年を経た主な建造物は損傷・破損が激しかったため、文化庁による保存修理事業が施されました。修復を終えた本堂、大広間、書院など施設は見学可能です。

拝観時間:10時~16時 無休 拝観料金(工事協力金)500円 中学生以下無料

勝興寺のホームページはこちら

 

勝興寺【唐門】

 

勝興寺【本堂】

   
 

■伏木観光土産品のお問い合わせは

 高岡商工会議所 伏木支所

 933-0104 高岡市伏木湊町7-1 TEL:0766-44-0457 FAX:0766-44-5009

◆観光土産品の製作は

 伏木商店連盟 勝興寺せんべい/勝興寺手ぬぐい/けんか山手ぬぐい(2種)

 近世高岡の文化遺産を愛する会 勝興寺タオルハンカチ  愛する会のホームページはこちら