高岡商工会議所とは

高岡商工会議所について

高岡商工会議所とは

1. 商工会議所の目的


商工会議所は地域の商工業者の世論を代表し、商工業の振興に力を注いで、国民経済の健全な発展に寄与するための地域経済総合団体であり、昭和28年8月に制定された商工会議所法という特別な法律によって運営されている認可法人です。
商工会議所は、その地区内における商工業者の総合的な改善発達を図るとともに、社会一般の福祉の増進に資することを目的としています。(商工会議所法第6条)

2. 商工会議所の特徴

国で515商工会議所がそれぞれの地域で活動をしています。
商工会議所は

  1. 地域性-地域を基盤としている
  2. 総合性-会員はあらゆる業種、業態の商工業者から構成される
  3. 公共性-公益法人として組織や活動のなどの面で強い公共性を持っている
  4. 国際性-世界各国に商工会議所が組織されている

という4つの大きな特徴を持っており、全国の商工会議所の会員数は122万を数えます。

3. 高岡商工会議所の概要

設立:
1896年2月(全国で46番目)
役員:
会頭1名、副会頭4名、常議員40名、監事3名、専務理事1名、理事1名
議員数:
120名
会員数:
3087事業所(2021年4月)
部会:
金融情報部会、工業部会、流通部会、伝統産業部会、観光・サービス業部会、運輸交通部会、建設部会
委員会:
企業経営改革常任委員会、地域産業活性化常任委員会、まちづくり常任委員会、観光交流常任委員会、総務・組織運営常任委員会
事務局:
総務部、地域振興部、中小企業相談所